スポンサーリンク



キャロットクラブ募集予定馬2018 血統編Ver10 




お盆休みもソロソロ終わりという方多くないですかね~

私はお盆なんて関係なく馬車馬の様に働いているのですが先日あまりにも現実逃避したくて昼間から(勤務中)ビール飲みながら映画を見てやりました(笑)

と言っても映画館ではなく自宅で…しかも小さいPC画面ですけど…

 

でもこの時世は本当に便利でお試し期間だったら無料で映画が見れるんですね~




ウォーキング・デッドを観るなら<U-NEXT>
このU-NEXTなら1か月お試し無料でした。

 

キズナ産駒

 

ダービーを優勝したのが、つい最近のような感じするのは私自身が年を重ねたからでしょうかね~

  • 2018年ワグネリアン
  • 2017年レイデオロ
  • 2016年マカヒキ
  • 2015年ドゥラメンテ
  • 2014年ワンアンドオンリー
  • 2013年キズナ
  • 2012年ディープブリランテ

って表記すると結構前ですね(笑)

種牡馬自体が高齢母馬による産駒でしたので、少し体質改善を促したほうが良いのかなぁ~とも思いますがどうでしょうかね。

 

募集予定 牡馬0頭 牝馬3頭

 

  • ストールンハートの17 牝馬

母馬がNorthenDancer4×5、Lyphard5×5(父馬がNorthenDancer)というNorthenDancerだらけの配合なので、父馬にはNorthenDancerをクロスしてない方が望ましいと思うのですがね~。相似配合としても少し違う気がします。母馬の血脈は好感だけに勿体ない【×】

  • パラダイスコーブの17 牝馬

半兄はサンデーで募集のドリームジャーニー産駒で2戦未勝利。父父馬ディープインパクト、母父馬キングカメハメハと日本競馬を競走馬としても種牡馬としても支えてきた2大名馬共演だが、もっと良い配合妙味があるんじゃないかなぁ~と思います【×】

  • カメリアローズの17 牝馬

ダローネガ、出資馬だったフェザリータッチの半弟。母馬17歳時の産駒でかなり適齢期からは外れてしまっている。ただ配合は上記2頭と異なり母母馬カプリコーンが非NorthenDancerで、Burghclere(9/16)とスキヤタリング(12/16)が似たような血統配合で配合妙味がありそう。母馬の後年のヒット作になれるかに期待できるか【〇】

 

サラッと考察

 

ディープブリランテとキズナでしたら後者の方が配合構成は妙味があると思いますし、StormCatという血脈は名種牡馬だけあってイジリがいがありそうですし、血を紡ぎやすい感じもします。ノースヒルズで紡いだ血脈をノーザンファームと交配できるのは一気に活性しそうですので種牡馬として面白そう。

 

キズナ…3頭のうち1頭が【〇】

 

今回は今の時点での妄想を箇条書きに(笑)

キャロット血脈だからこそカメリアローズ産駒で活躍した牝馬の産駒はキャロットで募集される可能性は高いかも??しれない。

そしてカメリアローズの産駒で牝馬は募集馬を含め2頭のみ。

1頭は2017年に引退した半姉ノーブルリーズン(ネオユニヴァース産駒)

調べてみると2018年4月にアジアエクスプレスとの産駒が誕生している。アジアエクスプレスは優駿スタリオンにて種牡馬いりしている。現時点でキャロットクラブの公式「とびだせ!とねっこ」には情報配信されてはいない。

 

 

google-site-verification: google1ad7bce4bd2f1b8e.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1981年8月生まれのアラフォーw仙台市生まれの仙台市育ち。2018年に遂に念願の第一子が誕生。趣味は子育てと一口馬主での出資馬のおっかけです。皆様宜しくお願い致します。