スポンサーリンク



競馬場での応援幕の出し方作り方




応援幕作成のルール

 

今回はまとめ記事で競馬ファンなら1度は見たことがあるパドックでの応援幕(懸垂幕)についてご説明とご紹介をしていきたい思います。

 

応援幕は誰が掲出できるの?

 

難しい言い方になりましたが「応援幕を出せる人の条件はあるの?」という問いなのですが、答えは「誰でも掲出できます」未成年でも掲出はできます。(未成年は馬券の購入はできませんけど)

 

応援幕のサイズは決まっているの?

 

「縦1m×横3m以内」と決まっています。縦に長いと柵より長くなって幕を留めれませんし、横に長いとスペースを取り過ぎて1人で数枚分を占領する事になりますからね。

 

ガジョー
縦のサイズは90~95cmがオススメだよ!1mだと下部までピッタリ過ぎて紐を着けにくいんだ!ちなみにガジョーは90cm

 

応援幕の素材は決まっているの?

 

決まっていませんが「光るもの、反射するもの、紙のものは使用できない」それ以外であれば問題ないです。

 

応援幕で他に決まっている事は?

 

現地観戦も含めて色んな人に目に触れる場所なので「過激な言語、個人を中傷する事。学校名や会社名などが記載していない事」が挙げられています。誹謗中傷も広告の意味合いがある掲出もダメという事ですね。

また、パドックの柵に留められるように最低で四隅の4か所以上が紐で固定出来るようになってなければいけません。長いものは中央の上部と下部の計6か所を求められる場合があります。

 

ガジョー
固定する紐は1m以上がオススメ!競馬場によっては届かない場合があるよ!ガジョーは1m50cmを使用中。
ガジョー
それと応援幕の上部は10cm位のスペースは文字など入れない方が良いよ!柵に取り付ける時に巻き込む事があるので、見えなくなりますよ~

 

応援幕をデザインするには

 

私の場合、デザインは自身で作成した感じが出ないモノにしたかったのでココに依頼しました。



クラウドソージングのBizseek様です。

私の依頼時のサイズや注意点が参考になるのであれば

  • サイズは「縦90cm×横180cm」
  • 紐を通す「ハトメ」というのを四隅と中央部の上下、計6か所に入れる予定
  • 上部の10cmには文字や凝ったデザインは入れないで

という依頼の仕方をしました。

出来上がったデザインはコチラ!

 

ガジョー
カッコイイ!さすがPRO!!

 

応援幕を作成印刷するのは

 

私の場合はネットで色々調べましたがやはりネット印刷が一番安かった!という事で

 




印刷のことならネット印刷通販のラクスル

ラクスル様でお願い致しました。

ラクスル様は納品までに時間が掛かってよければ抜群に安価という事!逆に納品までに時間がなければ高額になる!という正に今の時代の販売の仕方をしておられます。皆さまもレースに間に合う様に注文した方が良いですよ~。それと紐を留めるハトメ加工も標準加工でしたのでオプション追加はありませんでした!

 

 

応援幕掲出の現地ルール

 

ここでは競馬場共通のルールと競馬場毎によるルールをご案内します。

もちろんガジョーが来場し応援幕を掲出した競馬場だけなので、随時更新していきます。

 

掲出するには許可が必要?

 

必要です。「総合インフォメーション」で取り扱いしてくれる事が多いです。(中山競馬場はココ)ちなみに東京競馬所は富士ビュースタンドの2FでJR府中本町駅側の「迷子、落し物受付」が受付となってましたよ!

 

許可の条件

 

条件というのは基本は作成上のルールを守っていれば問題ないですが、それ以外では応援幕とパドックの柵とを結ぶ紐が必須であります。(私は1m50cmの紐を使用しています。)また競馬場によっては許可の確認時に応援幕のみで確認作業があるので、前回使用したままの状態で保管している場合は、幕自体から紐を外さなければいけない事もあります。(中山競馬場は全部とんなきゃダメでした)

 

許可を貰ってから掲出する際の注意

 

応援幕を掲出するのはパドック周回していない時に!(外す時も!)

初めての人は誰も教えてくれないので注意です!私も警備員に注意されました!が1番良いのは「今なら応援幕張っていいですよね?」とパドック内にいる警備員さんに聞く事が一番だと思います。掲出するのもお手伝いしていただけますし、もう少しで周回くるから待って!とか教えて頂けます。

 

という感じが応援幕を作成して、掲出するまでのルールとなります。

 

まとめ

 

競馬場に行くと最近はJRAさんがナイスなマーケティング戦略を施して頂いてくれているおかげで本当に若年層のファンが増えたなぁと実感するばかり。2018年は土屋太鳳さん、高畑充希さん、松坂桃李さん、柳楽優弥さん達は2年連続で、2015年から2017年は3年連続で有村架純さん、瑛太さん、笑福亭鶴瓶さんが起用され、明らかに若年層を、しかも女性もターゲットに含めた感じできています。(もちろんその前のTOKIOさんも素晴らしいと思います)

私も

当初は応援幕を掲出するというのがドップリはまっているイメージで抵抗があったのですが、近年のJRAさんのマーケティングにより若年層も家族も来場しやすくなりましたので抵抗の壁が薄れて、良い感じで昭和のギャンブラーと今の時代の競馬を一つのアミューズメント施設として来場している人が共存出来ているなぁ~と。最近じゃ愛馬の出走の度に応援幕を掲示しないと!という使命感にすら駆られていますよ(笑)

 

 

 

今年の中山金杯時に掲出した時は応援幕がこんなに一杯に

 

ご協力ありがとうございました

デザイン:ライティングからサイト制作まで【Bizseek】
印刷:印刷のことならネット印刷通販のラクスル

 

google-site-verification: google1ad7bce4bd2f1b8e.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1981年8月生まれのアラフォーw仙台市生まれの仙台市育ち。2018年に遂に念願の第一子が誕生。趣味は子育てと一口馬主での出資馬のおっかけです。皆様宜しくお願い致します。