スポンサーリンク



2013年産希望的募集馬パート7




今日の朝方にかけてブラジル×チリ戦は面白かったですね~

昨晩は深夜まで飲み会で、そこからゴルフというハードスケジュールで眠い目をこすりながらの観戦でしたが、途中からは目が覚めましたね~

 

評判だけで物事を考えるのでは駄目だと言うことを改めて痛感しましたね。

 

さて早速ですが本日も恒例のメモを記載していきます。

(毎度記載しておりますが、素人の戯言ですのでどうかご容赦願います)

 

キャロットクラブ様

「ガヴィオラの13 牡馬」

父馬:ダイワメジャー

母馬:16歳時の仔。高齢出産の域に入ってきております。その辺は注意が必要ですね。米で8勝しておりますが、死産なども多いので元々お産が上手ではないのかもしれませんね。

兄弟馬:上は今のところキャロット様にて募集。ひとつ上はネオユニ産駒でセレクト。半姉のホワイトミーティア(ロブロイ牝馬)は未勝利引退。引退前には骨折も経験してしまった。上には重賞勝ちはいない。

血統:以前の回でも記載している黄金配合は網羅している血統背景になっている。ナスキロ血脈はこれでもかという感じ。

感想:とにかく馬体を見ないと判断し辛い・・・よっぽど馬体をよく見せてくれないと兄弟などを考慮すると出資し辛い感じがある。まぁそこにあえてのダイメジャーなのだろうが。

 

 

google-site-verification: google1ad7bce4bd2f1b8e.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください