スポンサーリンク



コートシャルマン




ブラジーーール…_| ̄|○

あえて何も書きませんが…

明朝も楽しみな1戦!
ガジョー厩舎としてはブラジル×アルゼンチンという1戦をみたいので、是非ともオランダに頑張って欲しいものです!
本日は先週の新馬戦で新馬勝ちしたコートシャルマンについて、少し勉強したいと思います。
コートアウトの12
募集金額:4,000万
母馬:14歳時の仔。戦績は不明だが上の活躍からみても繁殖ポテンシャルは高そう。ミスプロと1/4異系でハイインローが多く脈絡している。
兄弟馬:ストロングリターン(シンクリ)、レッドオーヴァル(ディープ)の下で非SS血統でも、何でも来い!的な名繁殖。産駒全て2勝以上しており、しかも2勝という最低成績の馬は現4歳馬レッドオーヴァルで昨年の桜花賞2着馬である。
感想:最後の直線は鋭く切れるディープ産駒とは異なる伸び方をしていた感じがある。あえていうならイスラボニータ的な、しっかり!そして、ずーっと!的な。本馬も半姉と同じようにオークスというより、桜花賞で善戦する感じじゃないでしょうか!母馬のポテンシャルが高いと、ミス血統さえなければ何でも走っちゃうという事何でしょうかね〜…
新馬戦の走りっぷりは、かなりの可能性を感じさせる内容だったように思います。ガジョー厩舎の見方とすれば騎手は、違う方のほうが本馬には合う様な感じを抱きましたが…
最後に
遅くなりましたが、出資者の皆様本当におめでとうございます。

google-site-verification: google1ad7bce4bd2f1b8e.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください