スポンサーリンク



2014年募集馬 キャロットクラブ パート17




昨日久しぶりに勉強をしたくなり参考書というものを買いに行きました・・・

こういう類は三日坊主にスグになるので、今回こそは!!!

 

三日坊主にならないのはお馬さんだけという・・

そんなお馬は本日も張り切って頑張ります

(毎度素人の戯言はがん無視願いまーーす)

 

ラドラーダの13 牡馬

 

父馬:ダイワメジャー

 

母馬:7歳時の仔。ちなみに母馬優先権あり。11年9月がラストランで5ヶ月の休養の後繁殖している。G1にも出走しているオープン馬まで出世している。

 

血統:

f:id:gajyo:20140811213052j:plain

この父馬にはDrone的な血脈との相性が良いと師匠が仰っていて、そこはシンクリがナスキロ+TomFoolをあわせた血脈なので補填済みであります。+αのハイペリオン&ドナテロ血脈も母母血脈にて補填済である。2つの課題に対して合格点を頂ける配合ではある。ただ、この母父の印象としては切れる脚がない産駒が多いので、この父馬との配合でより一層その辺が強くでなければ良いなという印象である。

 

感想:正直、かなり面白いなぁ~と思う。母父の影響が+にも-にも働くであろうから、その辺の見極めが必要であると考えます。

 

google-site-verification: google1ad7bce4bd2f1b8e.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください