スポンサーリンク



産駒年齢分析パート2




遂に秋のG1が開幕しましたね!

初戦はショウナンパンドラがクラシック牝馬1冠を手に致しました!!

 

様々な見解などの情報が蔓延りましたが、ガジョー厩舎として思うことは、

・G1馬の下に出資出切るタイミングが転がっていたという事

・3歳牝馬ディープインパクト産駒が本当に強いという事

上記の2点です。

特に後者は、今年の最優先権を牝馬に行使した身として本当に考えさせられました。

 

さて早速ですが先日に続き産駒年齢を調べてみました!!!

その結果がこれ!

f:id:gajyo:20141021205947j:plain

今回の検索条件も現時点での種牡馬賞金ランキング上位10位までの産駒で獲得賞金5,000万以上の活躍馬にて調べた結果になります。

獲得賞金1億の時と同様で6歳~13歳までの産駒の活躍が目立つ。5歳14歳15歳の世代も少なくはありませんが、やはりじっくりと様子を見る必要がありそうです。

このルールは今後も徹底するルールとしていこうと思います!!!

(※この2年間の出資馬は何!!って感じですけど・・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください