スポンサーリンク



追加出資するなら~




今しかねぇ~

ではなく、しっかりっとチェックをしてみたいと思います。

現時点での可能性は2頭。

 

の内の1頭を本日は見ていこうと思います。 

 

【ロードTO】

『レディフューチャーの13』

「出産時母馬年齢」:17歳

「母馬繁殖まで期間」:約6ヶ月

「兄弟馬」:牡馬は2/3、牝馬1/7(地方勝利を含めると4/7)。牝馬の父馬はエルコン、BT、ファルブラヴ、ジャンポケ、クロフネファルブラヴ以外はパワー系の父馬。牡馬の父馬はアフリート、ホワイトマズル、チチカスと牝馬よりはスピード系の父馬。牡馬なら悪くない。

「字面からの考察」

何といっても名種牡馬GoneWestと3/4同血の父馬。こちらはダートでの種牡馬成績の方が良いが、本馬の父馬は芝での成績の方が見栄えする。TomFool4×4を母馬でもBuckpasserで継続してクロスしている。ミスプロ×SS様の相性が悪いはずもなく、名馬がわんさか名を連ねておりました。兄弟馬からもスピード血脈を補填したいのは明らかであるので、これは弱点を補えているかと!柔らかさのある馬体であれば、この募集価格であれば期待大だろう。

「動画からの考察」

重々しさ無い。かといって柔らかい訳ではない。後脚が曲飛なので、それを考えると可動域は広く、踏込が良いという言い方になるのかもしれない。ただし飛節は伸びきってはいない。

1月の更新動画を見ると飛節は伸びているし、後脚が曲飛の分、長く地面に接しているように見えて好みの域。

<総括>

この募集価格であれば思い切って複数口!!といってみたい気がする。本当にあのルールを適用させるのか否かだけ・・・何と言っても母馬高齢17歳時の産駒。ただ、ただですよ、あの記事も・・・15年の募集馬から!とは書いているんだよなぁ・・・1口ならいってみても悪くないかもですね、正直。

 

 

google-site-verification: google1ad7bce4bd2f1b8e.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください