スポンサーリンク



続・本家考察




シルクさんが早く

今年の募集馬の詳細を公開してくれないと

ブレーキが利かなくなってしまいそうです(笑)

 

 

今日はデータで考察!!!

 

 

 

 

①クラブ比較

クラブの直近5世代のデータ数値

f:id:gajyo:20170615214921p:plain

※CIX (Club Earning Index)とは?
対象クラブ募集馬の投資対収益の目安となる、当サイト独自の指標です。数値が高いほど出資に対するリターンの期待値が高いクラブです。

 

だそうです(笑)

 

正直

サンデーと社台のCIX差は大きすぎますね~

勝ち上がり率、2勝馬率、3勝馬率の差はそれほどでもありませんが

平均総賞金額では1,000万以上の差ですかぁ~

なかなか考え物ですね!

ということで

①はサンデー

 

②牡馬牝馬比較

【ハーツクライ】

f:id:gajyo:20170615221650p:plain

【ヴィクトワールピサ】

f:id:gajyo:20170615221906p:plain

 クラシック出走率のみヴィクトワールピサが上回ってますが頭数の差を考えれば、なかなかハーツクライ産駒は優秀ですね〜

 

②の数値は断然ハーツクライ

 

③種牡馬成績

【ハーツクライ】

f:id:gajyo:20170615222243p:plain

【ヴィクトワールピサ】

f:id:gajyo:20170615222122p:plain

CPIの値はヴィクトワールピサが高いのだが

繁殖牝馬の質以上に結果が残せていないという数値になっている。

 

③もハーツクライ

 

という事で

データ上は

社台の

「イマーキュレイトキャットの16」

ではなく

 

サンデーのハーツ産駒である

『ソベラニアの16』

という結果になりました~

 

いいのかなぁ~

いっちゃうよ!まじで!!!

 

google-site-verification: google1ad7bce4bd2f1b8e.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください