スポンサーリンク



シルク募集予定馬 エンプレスティアラ編




今回からはシルク募集予定馬を

少し掘り下げて考察していこうかと!

f:id:gajyo:20180709073256j:plain

エンプレスティアラの17

父馬:

リアルインパクト

父馬産駒時年齢:

9歳 1世代目(※あくまで出産時の年齢、種付け時でなく)

父馬競争成績:

ジョージライダーS G1 2015年(7歳)(AUS) 1着

安田記念 G1 2011年(3歳) 1着

阪神C G2 2013(5歳)14年(6歳) 1着

父馬血統:

本馬自体はNothirdchance≒BlueMoon5×4*5近いクロスはこの程度で、アウトブリードに近い配合。

母馬のトキオリアリティー14歳時の産駒。血統構成はNothirdchance≒BlueMoon3×4、EightThirty≒WarRelic4×5*5と配合的にはクロスの緊張が強い配合となっている。

父馬ディープインパクトはHalo≒SirIvor2×4という相似クロスが1本強く入っている。

父馬母馬単体では強いクロスだが、本馬はそれ以外のクロスが強くない。

産駒自体で強めのクロスが発生されるか、もしくは配合相手には強いクロスを持っている相手を持ってきても面白い。

または母馬自体が競争成績が良かった相手との配合や、同じような血統構成との配合が好ましいと考えます。

母馬:

エンプレスティアラ

母馬産駒時年齢:

13歳 9番仔

母馬競争成績:

2戦未勝利

母馬レース引退時期:

2007年7月29日

初仔の生年月日:

2009年2月9日

引退から繁殖入りまでの休養期間(想定)

7~8か月

母馬血統:

Northern Dancer≒Icecapade4*5×5、NativeDancer6*7×5*5*7

EightThirty≒Good Example6×6*7、BoldRuller5×6

6世代目以降でNasrullahのクロスが多数。

少し強めのクロスを持ちながら相似している父馬と母馬の血統を配合された印象が強い。

ダートでブイブイ言わしそうなパワー血統。母馬自体は未勝利引退だったが全姉のココシュニックはダートで3勝。全兄2頭もダートで3勝と5勝。

本馬血統:

HoldYourPeace4×5、Raise a Native5×5、Northern Dancer≒Icecapade6×5*6*6で

トキオリアリティー血脈の1/4だけが非Northern Dancer。

Nothirdchance≒BlueMoon5*6*6*×6*8

EightThirty≒Good Example≒WarRelic6*7*7×7*7*8

と9代目まで掘り下げてみましたが

基本は上記の父馬母馬が持つ同じ血脈を累進的にクロスしている印象。

とても血統構成としてはまとまっている印象。

厩舎:

萩原厩舎

厩舎リーディング遷移:

2017年 38位

2016年 20位

2015年 30位

2014年 52位

厩舎成績:

f:id:gajyo:20180709173601j:plain

TARGETの情報ですが

・芝よりダートが得意

・牝馬より牡馬が得意

・マル外馬の方が得意

f:id:gajyo:20180709174134j:plain

大差はないが

・1600m以上が得意

f:id:gajyo:20180710081605j:plain

マイナス評価&疑問点:

  1. 繁殖のゴールデンタイムは過ぎようとしている。
  2. 芝ダート短距離~芝ダートマイル距離が主戦場となりそうだが、厩舎はマイル以上が得意
  3. 堀厩舎×堀厩舎で萩原厩舎の理由(ただ単になのか、それなりなのか)
  4. 募集価格の変動。初仔アドマイヤムーン2800万→3番仔ハーツクライ3200万→4番仔ボルドネス2800万→7番仔カナロア2800万→9番仔(本馬)3000万

総合評価:

血統構成はとても好み。

マイナス評価に記載した1,2に関しては正直あまり気にしないで良いレベルかと。

ただ3,4に関してはツアー時のお話しもしくは動画を見れば

解決するかもしれない。

仮定①

・競争能力は高い可能性があるからこそ募集価格を上げた。しかし馬体にミスの兆候があり、堀調教師の調教にはついていけない可能性がある。そこで関東でも良いレベルの調教師に預託した。

仮定②

・募集価格はシルク好調により釣り上げた。堀調教師にクラブとしては1頭のみの預託の為、堀調教師には別馬を本馬は関東でも良いレベルの調教師に預託する事にした。

という所でしょうか。

実際、調教師は関東では良いレベルというのは間違いない。

最近ノーザンファームからの預託馬が多く

信頼関係が構築されているのは間違いない。

しかし

強くモノを言えない!という立場にもあるという点は間違いないだろう。

google-site-verification: google1ad7bce4bd2f1b8e.html

1 個のコメント

  • エンプレスティアラの17は
    同じような配合のプラチナポセイドン(母母トキオリアリティー×クロフネ)が好走すれば更に人気になりそうですね~。本当に楽しみです~
    HoldYourPeace4×5

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    1981年8月生まれのアラフォーw仙台市生まれの仙台市育ち。2018年に遂に念願の第一子が誕生。趣味は子育てと一口馬主での出資馬のおっかけです。皆様宜しくお願い致します。