スポンサーリンク



シルク募集予定馬 ピラミマ編




今回は一昨年のシルクホースクラブ募集で1番人気だったルナステラの

全妹の登場!

ご存知スワーヴリチャード、バンドワゴンの半妹にもなる血統!

ピラミマの17

父馬:

ディープインパクト

父馬産駒時年齢:

15歳 10世代目(※あくまで出産時の年齢、種付け時でなく)

父馬競争成績:

3歳クラシック三冠 2005年

有馬記念 G1 2006年(4歳) 1着

宝塚記念 G1 2006年(4歳) 1着

天皇賞(春) G1 2006年(4歳) 1着

ジャパンC G1 2006年(4歳) 1着

父馬血統:

ここは私がどうのこうの云うレベルではありません。

ただ

Halo≒Sir Ivor2×4

Admiral Drake≒Roman6×5

という血脈を持ち、本馬はラストランの有馬記念の時ですら438キロしかなかった、というのは頭に入れておくPOINTかと。

母馬:

ピラミマ

母馬産駒時年齢:

12歳 8番仔

母馬競争成績:

2戦未勝利

母馬レース引退時期:

2008年9月7日

初仔の生年月日:

2010年1月23日

引退から繁殖入りまでの休養期間(想定)

約5か月

母馬血統:

母馬キャリアコレクションがNasrullah×RoyalCharger6*6*6*7×4×5というキレッキレの配合をしている。キレ味を強化しないと鈍脚になりやすいハーツクライ産駒でG1を載冠したのは順当といえるし、母自身が未勝利で競争生涯を終えたといえ母父のUnbridled’sSongや母母のキャリアコレクションが素晴らしい血統配合をしているんだ!そしてピラミマ自身がその素晴らしい血統配合同士の娘という事を証明した!といえるのではないかなぁと思う。

母馬自身にNorthenDancerのクロスがないのでそこを補填してあげるのと、伸びがありそうな柔らか血統をしているので完成を早めるために強めのクロスが産駒自身にあった方が良さそう。

 

本馬血統:

Nasrullah×RoyalCharger5*6*7*7*7*8×6*8と更に強めといるのが、牝馬とはいえ少し強めになる。加えてNorthenDancerの補填はNijinskyからのクロスは取り入れているが、もう少し硬血からの補填の方が良さそう。(緩すぎて間に合わない恐れが増えそう)とはいえ2歳チャンピオンとなったダノンプラチナとは7/8以上に同配合となっており構成上はそこまで問題がないのかもしれない。

ここから先は血統の考察とより本馬動画にて判断した方が無難な気がする。小さく出ていないか柔らかすぎないか。(ちなみに全姉は募集時432キロとそこまで小さくは出ていない)

 

厩舎:

藤沢厩舎

厩舎リーディング遷移:

2017年:9位

2016年:2位

2015年:19位

2014年:2位

厩舎成績:

・芝もダートもどっちも得意

・牡馬も牝馬もどっちも得意

・マル外も得意。

・これは上記数値ではないが牡馬はセン馬になる可能性が他厩舎より高い

お写真w:

マイナス評価&疑問点:

現在66歳。本馬はオークスという舞台まで管理する事が出来る。

が!

4歳の9月に70歳を迎えるので4歳までしか管理していただけない。という事になる。本馬は牝馬なので6歳3月で引退となるので牡馬よりは影響が少ないと考える。ただし本年の預託馬は

牝馬8頭
本馬(牝)、アイムユアーズの17(牝)、スタセリタの17(牝)、ジプシーハイウェイの17(牝)、ステファニーズキトゥンの17(牝)、セルフプリザヴェーションの17(牝)、、モナリザの17(牝)、ラストグルーヴの17(牝)
牡馬4頭
ディヴィナプレシオーサの17(牡)、ブエナビスタの17(牡)、エリモピクシーの17(牡)

参考サイト

http://owner.netkeiba.com/?pid=search_horse&mode=continue

あまりに牝馬の高額馬が多いのがプラスとみるかマイナスとみるか。

総合評価:

血統は文句なしだと考える。馬体も先日の測尺の発表値でも問題ないレベル。ここからツアー時のヒアリングでどこまで伸ばせるか。そして関西の名厩舎から関東の名厩舎へ預託変更。関東圏に居住(東北だけどw)している身からすると有難い変更。そして全姉が大人気にしてはクラシック路線に乗れず、人気を少し落とす様な流れ。ここは正直美味しいPOINTかもしれない。

しかし

上記の預託馬というライバルに負けるとなると、かなり早い段階でこの厩舎での居場所すらなくなり若手厩舎へ転厩という路線が確実に見えてくるだろう。

google-site-verification: google1ad7bce4bd2f1b8e.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1981年8月生まれのアラフォーw仙台市生まれの仙台市育ち。2018年に遂に念願の第一子が誕生。趣味は子育てと一口馬主での出資馬のおっかけです。皆様宜しくお願い致します。